シンボルマーク

関西歴写俱楽部について

 
 当倶楽部は、広く関西を中心として歴史を学び、実際に現地に足を運び、それらにまつわる遺跡、史跡、文物等を題材として、動画、静止画、絵画、文字などによる表現等の創作的な活動を行う事を目的として設立されました。

 現在は管理人の個人的な都合から、島津斉彬の落胤である、不二木佐七の事や、彼と琵琶湖疎水の関係、また三河吉田藩の近江の飛び地を納めていた宮脇睡仙をはじめ宮脇一族の事などを取り上げています。
 
 今後は天誅組の事や、時代を遡って楠木正成に関する事などを取り上げて行きたいと考えています。

a:548 t:1 y:3